タイナビ蓄電池 家庭用・産業用蓄電池無料一括見積り

0120-390-134

受付時間  10:00〜19:00(土日祝除く)

タイナビ蓄電池 家庭用・産業用蓄電池無料一括見積り

FREE DIAL

お電話でのお見積りご依頼・ご相談
受付時間 10:00〜19:00(土日祝除く)

電話で問い合わせする
特集:2019年問題について考える

卒FITで売電
できなくなったら、
どうすればいいの?

自家消費か卒FIT買取サービス
か徹底攻略

「卒FIT」とは?
迫る2019年11月

住宅用太陽光発電を設置した家庭において、今もっとも世間を賑わせているのが「卒FIT」。みなさんは「卒FIT」について正しく理解していますか?

太陽光発電で発電した電気は自家消費をおこない、残りの電力(余剰電力)は国が定めた固定価格買取制度(FIT)で大手電力会社へ売電されていました。
太陽光発電の普及のために、余剰電力は高値で売電でき、太陽光発電設備の導入費用を早く回収できる仕組みとなっていました。

FITは、太陽光発電を普及させるために制定された制度で、売電価格は諸外国と比較しても高値に設定されており、10年間は買取価格が固定で保証されています。
そのため、狙い通り太陽光発電は住宅用(10kW未満)、産業用太陽光発電(10kW以上)とともに、急速に普及していきました。

卒FITとは、
一言で言ってしまえば、
FITの売電制度を利用しないこと
です。

FITは、先述の通り10年間は高値での売電が保証されています。しかし、住宅用太陽光発電では、制度が開始した2009年から10年後の2019年11月より、買取期間の保証が終了する家庭が順次でてくるのです。その数は2019年だけでも53万件とも言われています。2019年以降は、毎年卒FITを迎える家庭があるのです。

引用:住宅用太陽光発電設備の FIT買取期間終了に向けた対応『資源エネルギー庁』2019年9月12日

蓄電池のみの
お見積り
太陽光パネルと
蓄電池セット
家庭用・産業用蓄電池の設置費用を
最大5社へ無料一括見積り
2設置場所を選択

卒FIT後の3つの選択肢

では、卒FITを迎えた家庭は、どうなるのでしょうか? 完全に売電できなくなってしまうのでしょうか?
卒FITを迎える家庭の主な対策としては、現在、3つの選択肢があります。

Choice.1
家庭用蓄電池を導入して自家消費にする

政府がもっとも推奨している家庭用蓄電池を導入して、電気を自家消費することです。卒FITにあたり、家庭用蓄電池は卒FIT対象者、そして停電対策にもっとも注目されています。

ポイント① 価格が安くなった

昔は価格が高かった家庭用蓄電池も、今はより求めやすい価格となっています。
資源エネルギー庁によると、2015年度の家庭用蓄電池の実績価格は22万円/kWhでした。そして、2018年度は資源エネルギー庁の目標設定である約18万円/kWhに近づきつつあります。

一般家庭4人ほどで導入するとなると、容量は5kwh~12kwhは必要です。
7kwhの容量の蓄電池を導入した場合、2015年度、2018年度のそれぞれの導入費用は、2015年度は154万円、2018年度は126万円です。その差分は28万円となり、かなり安くなっています。

Choice.1
家族4人の場合 ⋯ 父・母・子ども2人
蓄電池容量 7.2kWh

ただし、上記は参考値です。実際には、資源エネルギー庁の資料よりも導入費用はやや高い傾向にあります。販売施工店によって、100〜200万と幅があるため、まずは見積もりをとってしっかりとシミュレーションしてから導入しましょう。

蓄電池のみの
お見積り
太陽光パネルと
蓄電池セット
家庭用・産業用蓄電池の設置費用を
最大5社へ無料一括見積り
2設置場所を選択

ポイント② 国・地方自治体から補助金が交付される

家庭用蓄電池の普及は、国の推進する施策です。そのため、2019年度は、補助金が国からでることが決定しています。2019年5月下旬より申請予定となっています。
この補助金は、一般社団法人『環境共創イニシアチブ』が公募をしており、公庫を予算としています。
すでに太陽光発電を設置している家庭、これから太陽光発電を設置する家庭にも交付されます。
補助金の交付条件については規定があります。また、予算は38.5億円となっていますが、予算がなくなったりした場合には、補助金を早期に締め切る可能性ありますので、該当ホームページなどで確認しましょう。

国からの補助金概要

事業名称 災害時に活用可能な家庭用蓄電システム導入促進事業補助金
補助対象事業:下記の要件を満たす事業を対象とする
・太陽光発電(10kW未満)設備併用(既設・新設不問 太陽光発電設備は補助対象外)
・節電要請窓口が提供するサービスへの加入・登録、または節電要請時への対応への同意
・災害時のグリーンモード運転
・災害時の対応報告
予算 38.5億円
補助対象要件 ※一部のみのご紹介です。他にも多数条件があります。
・蓄電池パッケージ
(蓄電池本体PCS/リモコン/計測・制御装置/専用表示装置 他)

引用:災害時に活用可能な家庭用蓄電システム 導入促進事業費補助金 公募要領』一般社団法人環境共創イニシアチブ 2019年4月8日

また、地方自治体(市区町村)でも補助金を交付しているところがあります。たとえば、東京都では最大60万円の補助金が交付されます。
お住まいの地域の市区町村ページなどで、確認してみましょう。
※国の補助金と地方自治体からの補助金が併用可能です。その際、申請先は異なりますので、ご注意ください。

蓄電池のみの
お見積り
太陽光パネルと
蓄電池セット
家庭用・産業用蓄電池の設置費用を
最大5社へ無料一括見積り
2設置場所を選択

ポイント③ 電気代を安くできる

蓄電池を導入する最大のメリットは、電気代を安くできることでしょう。
電力会社の料金プランには、夜間、深夜に昼間よりも単価が安く設定されているプランがあります。
こうしたプランと契約し、電気代の安い夜間に蓄電池に電気を貯めておき、昼間は蓄電池の電気を使用することで、電気代を削減することできます。

電気代の削減額によって、蓄電池の導入費用がどれくらいの期間で回収できるか、販売施工店に相談して、導入をしましょう。

ポイント④ 非常用電源の確保

蓄電池を導入する最大のメリットは停電時にも太陽光発電で発電した電気を蓄電池に貯める事で夜間でも電気が利用できる事です。電気の預かりサービス等(仮想蓄電池)もありますが、停電時は送電網から電気供給に頼らず、自宅の蓄電池に貯めた電気を利用できます。

『タイナビ蓄電池』では、蓄電池のお見積りを厳選した優良な販売施工店のなかから、
最大5社まで一括でお見積りできます。
無料でご利用できますので、ぜひお見積りしてみましょう。

蓄電池のみの
お見積り
太陽光パネルと
蓄電池セット
家庭用・産業用蓄電池の設置費用を
最大5社へ無料一括見積り
2設置場所を選択
Choice.2
大手電力会社の
卒FIT買取サービス

実は、卒FITが近づくにつれ、各大手電力会社が卒FIT買取サービスを発表し始めました。ただし、買取価格はこれまでのような高値ではなく、5円〜12円程度となっています。

また、仮想蓄電池サービスという、新たな選択肢となるプランもでてきました。
各社プランを随時更新していますので、定期的に確認をしましょう。

卒FIT買取サービス大手電力会社 ※2019年6月18日時点

← 左右にスクロールできます →
会社名プラン名買取価格備考
北海道電力 未公表 未公表 2019年6月に公表予定
東北電力 ツナガル電気 9.0円/kWh 太陽光でつくった電気のうち、ご家庭で使いきれずに余った電気(余剰電力)を
買い取るサービス。
エコキュート・蓄電池リースサービス なし エコキュートによる給湯(お湯の沸き上げ)を、
太陽光でつくった電気でまかないたいお客さまや、余った電気を蓄電池に貯めて夜間に使いたい、
災害などによる停電に備えたいお客さま向けに、リース契約(最大10年)の
ご提案を行い、機器の導入をサポートするサービス。
でんきお預かりサービス なし 余った電気を一旦当社がお預かりし、離れて暮らすご家族とのシェアや、
蓄電池のような電気の使い方など、これまでにない新しい電気の使い方をご提案するサービス
(お預かりした電気は、毎月300kWhを上限に、ご家族またはご自身の電気のご使用量から差し引きます)。
サービス料 月額6,980円
東京電力 未公表 未公表 未公表
中部電力 シングルプラン 7円/kWh 半年に1度(9〜10月、3〜4月のの間)指定の口座に振込み
プレミアムプラン 8円/kWh 翌月の電気料金から差し引き家族シェアで買取金額を家族や知人にシェアできる
Amazonギフト券プラン 8.1円/kWh Eメール型のAmazonギフト券が進呈される
WAONプラン 9円/kWh相当 余剰電力の含まれるCO2 フリー価値付きの電気をイオングループの店舗へ送ると、WAONポイントがもらえる
再エネスマートプラン 7~12円/kWh 養生電力を自分でつかったものとみなし、電気を使用される時間帯ごとに割引額を算定し、電気料金の割引に充てることができる
北陸電力 かんたん固定プラン 8円/kWh
あんしん年額プラン 契約受給電力に応じる 余剰電力の実績が基準以上であることを条件に、余剰電力量によらず契約受給電力に応じた買取料金を年間一括で支払う
わくわく電気預かりプラン 5〜17円kWh(電気料金プランによる) 顧客が加入する電気料金メニューに応じて、夏季昼間・朝夕時間・夜間などの各料金区分の使用量を上限に、月間の余剰電力量を買取単価の高い料金区分から順に割り当てる仕組み
関西電力 プラン名は不明 8円/kWh 自家消費型へ向けた仮想蓄電サービスプランも検討中。2019年夏頃発表予定。
中国電力 プラン名は不明 7.5円/kWh 日本IBMとブロックチェーン技術を活用した認証実験をスタート。仮想蓄電サービス発表
四国電力 買取プラン 7円/kWh 基本的なプランで、これまで同様毎月の顧客の講座に振り込む
ためトクサービス 未公表 仮想蓄電池サービス。サービス利用料 月額2,700円。預けられる電気料金は、150kWh/月まで。それを上回る場合は、8円/kWh
九州電力 プラン名は不明 7.0円/kWh IoTサービス「QuUn(キューン)」をお得に開始できる
沖縄電力 プラン名は不明 7.5円/kWh
Choice.3
新電力の卒FIT買取プラン

大手電力会社が卒FIT向けサービスを発表する以前より、いちはやく新電力であるスマートテック社が卒FIT向け買取サービスを発表しました。
それを皮切りに、新電力各社が続々と卒FIT買取サービスを発表しており、卒FITを新たなビジネスシーンとして捉えている事業者が多いようです。
新たに契約をし直さなくはいけませんが、新電力へ売電するのも選択肢の一つです。

主な新電力による買取サービス ※2019年6月18日時点

北海道
東北
関東
中部
北陸
関西
中国
四国
九州
北海道
東北
関東
中部
北陸
関西
中国
四国
九州
← 左右にスクロールできます →
会社名プラン名買取価格備考
昭和シェル石油 買取サービス 8.5円/kWh 2019年6月に公表予定
NTTスマイルエナジー 未公表 未公表 対象エリアは全国(沖縄電力管内を除く)とし、2019年11月から開始の予定
ENEOS 未公表 未公表 2019年7月開始予定
SEKISUI スマートハイム電気 太陽光発電システムのみを利用している場合は9円/kWh(キロワット時)、蓄電池も導入する場合は12円/kWh 積水化学工業のサービス
スマートハイムオーナー向け
積水ハウス 積水ハウスオーナーでんき 11円/kWh 積水ハウスのサービス
積水ハウスオーナー向け
会社名プラン名買取価格備考
昭和シェル石油 買取サービス 未公表 2019年6月に公表予定
シェアリングエネルギー 余剰売電買取サービス 8円/kWh 未公表
スマートテック スマートフィット 運用開始時期により異なる
・2009年11月〜2010年3月までは10円/kWh
・2010年4月〜2011年3月までは10円/kWh
・2011年4月以降は12〜42円/kWh
未公表
NTTスマイルエナジー 未公表 未公表 未対象エリアは全国(沖縄電力管内を除く)とし、2019年11月から開始の予定
ENEOS 未公表 未公表 2019年7月開始予定
SEKISUI スマートハイム電気 太陽光発電システムのみを利用している場合は9円/kWh(キロワット時)、蓄電池も導入する場合は12円/kWh 積水化学工業のサービス
スマートハイムオーナー向け
積水ハウス 積水ハウスオーナーでんき 11円/kWh 積水ハウスのサービス
積水ハウスオーナー向け
会社名プラン名買取価格備考
昭和シェル石油 買取サービス 未公表 2019年6月に公表予定
シェアリングエネルギー 余剰売電買取サービス 8円/kWh 未公表
スマートテック スマートフィット 運用開始時期により異なる
・2009年11月〜2010年3月までは10円/kWh
・2010年4月〜2011年3月までは10円/kWh
・2011年4月以降は12〜42円/kWh
未公表
NTTスマイルエナジー 未公表 未公表 対象エリアは全国(沖縄電力管内を除く)とし、2019年11月から開始の予定
ENEOS 未公表 未公表 未公表
SEKISUI スマートハイム電気 太陽光発電システムのみを利用している場合は9円/kWh(キロワット時)、蓄電池も導入する場合は12円/kWh 積水化学工業のサービス
スマートハイムオーナー向け
積水ハウス 積水ハウスオーナーでんき 11円/kWh 積水ハウスのサービス
積水ハウスオーナー向け
会社名プラン名買取価格備考
昭和シェル石油 買取サービス 未公表 2019年6月に公表予定
シェアリングエネルギー 余剰売電買取サービス 8円/kWh 未公表
スマートテック スマートフィット 運用開始時期により異なる
・2009年11月〜2010年3月までは10円/kWh
・2010年4月〜2011年3月までは10円/kWh
・2011年4月以降は12〜42円/kWh
未公表
NTTスマイルエナジー 未公表 未公表 対象エリアは全国(沖縄電力管内を除く)とし、2019年11月から開始の予定
ENEOS 未公表 未公表 未公表
SEKISUI スマートハイム電気 太陽光発電システムのみを利用している場合は9円/kWh(キロワット時)、蓄電池も導入する場合は12円/kWh 積水化学工業のサービス
スマートハイムオーナー向け
積水ハウス 積水ハウスオーナーでんき 11円/kWh 積水ハウスのサービス
積水ハウスオーナー向け
静岡ガス 太陽光発電支援サービス 7円+α/kWh
東邦ガス Aプラン ・東邦ガス使用で9.5円(セット契約)
・セットではない場合9.0円(買取のみ)
余剰電力のみ買取
Bプラン 余剰電力の代わりに、商品・サービスを提供。
会社名プラン名買取価格備考
昭和シェル石油 買取サービス 未公表 2019年6月に公表予定
NTTスマイルエナジー 未公表 未公表 対象エリアは全国(沖縄電力管内を除く)とし、2019年11月から開始の予定
ENEOS 未公表 未公表 未公表
SEKISUI スマートハイム電気 太陽光発電システムのみを利用している場合は9円/kWh(キロワット時)、蓄電池も導入する場合は12円/kWh 積水化学工業のサービス
スマートハイムオーナー向け
積水ハウス 積水ハウスオーナーでんき 11円/kWh 積水ハウスのサービス
積水ハウスオーナー向け
会社名プラン名買取価格備考
昭和シェル石油 買取サービス 未公表 2019年6月に公表予定
シェアリングエネルギー 余剰売電買取サービス 8円/kWh 未公表
スマートテック スマートフィット 運用開始時期により異なる
・2009年11月〜2010年3月までは10円/kWh
・2010年4月〜2011年3月までは10円/kWh
・2011年4月以降は12〜42円/kWh
未公表
NTTスマイルエナジー 未公表 未公表 対象エリアは全国(沖縄電力管内を除く)とし、2019年11月から開始の予定
ENEOS 未公表 未公表 未公表
SEKISUI スマートハイム電気 太陽光発電システムのみを利用している場合は9円/kWh(キロワット時)、蓄電池も導入する場合は12円/kWh 積水化学工業のサービス
スマートハイムオーナー向け
積水ハウス 積水ハウスオーナーでんき 11円/kWh 積水ハウスのサービス
積水ハウスオーナー向け
会社名プラン名買取価格備考
昭和シェル石油 買取サービス 未公表 2019年6月に公表予定
シェアリングエネルギー 余剰売電買取サービス 8円/kWh 未公表
スマートテック スマートフィット 運用開始時期により異なる
・2009年11月〜2010年3月までは10円/kWh
・2010年4月〜2011年3月までは10円/kWh
・2011年4月以降は12〜42円/kWh
未公表
スマートテック スマートフィット 運用開始時期により異なる
・2009年11月〜2010年3月までは10円/kWh
・2010年4月〜2011年3月までは10円/kWh
・2011年4月以降は12〜42円/kWh
未公表
NTTスマイルエナジー 未公表 未公表 対象エリアは全国(沖縄電力管内を除く)とし、2019年11月から開始の予定
ENEOS 未公表 未公表 未公表
SEKISUI スマートハイム電気 太陽光発電システムのみを利用している場合は9円/kWh(キロワット時)、蓄電池も導入する場合は12円/kWh 積水化学工業のサービス
スマートハイムオーナー向け
積水ハウス 積水ハウスオーナーでんき 11円/kWh 積水ハウスのサービス
積水ハウスオーナー向け
会社名プラン名買取価格備考
昭和シェル石油 買取サービス 未公表 2019年6月に公表予定
NTTスマイルエナジー 未公表 未公表 対象エリアは全国(沖縄電力管内を除く)とし、2019年11月から開始の予定
ENEOS 未公表 未公表 未公表
SEKISUI スマートハイム電気 太陽光発電システムのみを利用している場合は9円/kWh(キロワット時)、蓄電池も導入する場合は12円/kWh 積水化学工業のサービス
スマートハイムオーナー向け
積水ハウス 積水ハウスオーナーでんき 11円/kWh 積水ハウスのサービス
積水ハウスオーナー向け
会社名プラン名買取価格備考
昭和シェル石油 買取サービス 未公表 2019年6月に公表予定
シェアリングエネルギー 余剰売電買取サービス 8円/kWh 未公表
スマートテック スマートフィット 運用開始時期により異なる
・2009年11月〜2010年3月までは10円/kWh
・2010年4月〜2011年3月までは10円/kWh
・2011年4月以降は12〜42円/kWh
未公表
スマートテック スマートフィット 運用開始時期により異なる
・2009年11月〜2010年3月までは10円/kWh
・2010年4月〜2011年3月までは10円/kWh
・2011年4月以降は12〜42円/kWh
未公表
NTTスマイルエナジー 未公表 未公表 対象エリアは全国(沖縄電力管内を除く)とし、2019年11月から開始の予定
ENEOS 未公表 未公表 未公表
SEKISUI スマートハイム電気 太陽光発電システムのみを利用している場合は9円/kWh(キロワット時)、蓄電池も導入する場合は12円/kWh 積水化学工業のサービス
スマートハイムオーナー向け
積水ハウス 積水ハウスオーナーでんき 11円/kWh 積水ハウスのサービス
積水ハウスオーナー向け

※沖縄エリアは、新電力は現在のところありません。

蓄電池のみの
お見積り
太陽光パネルと
蓄電池セット
家庭用・産業用蓄電池の設置費用を
最大5社へ無料一括見積り
2設置場所を選択

今後の売電価格

FITは開始された2009年度の売電価格は、48円/kWh48円でした。FITはあくまで太陽光発電の普及を目的としていたため、制定当初から年々売電価格を引き下げていくことが予定されていました。

そして、予定通り価格は引き下げられ、2019年度年度には24円と半額になっています。

売電価格の推移

← 左右にスクロールできます →
10kW未満 10kW未満 ダブル発電
出力制御対応機器
設置義務なし
出力制御対応機器
設置義務あり※1
出力制御対応機器
設置義務なし※1
出力制御対応機器
設置義務あり※1
2017年度(参考) 28円 30円 25円 27円
2018年度 26円 28円 25円 27円
2019年度 24円 26円 24円 26円
2020年度 -
調達期間 10年間 10年間 10年間 10年間

※1 北海道電力、東北電力、北陸電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力の供給区域において、出力制御対応機器の設置が義務付けられます。

出典:経済産業省 資源エネルギー庁 『なっとく! 再生可能エネルギー』

24円と比較すると、大手電力会社・新電力の価格は5〜13円程度ですので、かなり価格は下がっています。
しかし、再エネ賦課金による負担増、原子力や火力など他のエネルギー発電の価格と比較した場合、これくらいの低価格でなければ、太陽光発電は普及していかないでしょう。

何もしないとどうなる?

FITの売電期間が終了したにもかかわらず、蓄電池も導入しない、大手電力へも売電しない、新電力へも売電しないと、どうなるのでしょうか?

買取先のない余剰電力は、そのまま大手電力が無料で引き取ることなっています。もちろん、売電収入はなくなります。

せまる2019年11月までに、きちんと検討のうえ、対策をしましょう。

参考までに、タイナビ蓄電池を運営する株式会社グッドフェローズは、太陽光発電と卒FITに関するアンケート調査を2019年2月に実施したところ、太陽光設置者の54%が卒FIT後「蓄電池などで自家消費」と回答しました。

アンケート調査結果

※太陽光発電を設置している全国の男女967名(タイナビユーザー)からのアンケート調査結果

2019年は国から最大60万円の補助金もあります。
今がチャンスです!

蓄電池のみの
お見積り
太陽光パネルと
蓄電池セット
家庭用・産業用蓄電池の設置費用を
最大5社へ無料一括見積り
2設置場所を選択
無料一括見積りを依頼する