産業用蓄電池

産業用蓄電池とは ?

近年、産業用蓄電池を導入している企業が増えてきました。
病院などでは、万が一送電が停止してしまった場合に備えて、一定の時間、電力を供給することができる無停電電源装置の蓄積装置として使用されています。その他にも、災害などが起きて、ビル全体が停電した場合の対策として、会社などでは、 大事な情報がつまったサーバーの非常用電力として産業用蓄電池を備えています。

東日本大震災が起こってからは、こういったバックアップ体制を導入している一般家庭も増えてきました。
それでは、家庭用と産業用とでは、具体的にどのような違いがあるのでしょうか ?

最も大きな違いは、やはりその容量ということになるでしょう。
取り扱うメーカーによっても大きく変わってきますが、家庭用は最大のもので 5〜7kWh(キロワット)、これが産業用になると15kWh〜になるので、その蓄電量の大きさの違いが明確にわかります。その他にも、出力や使用する機器などにも違いがあります。
ただ最近では、家庭用、産業用の区別を明確にせず、臨機応変に使用できる蓄電池も増えています。

産業用蓄電池とは

産業用蓄電池が設置される環境

先ほどもご紹介したとおり、蓄電池が設置される環境が変わってくると、その目的や効果なども大きく変わってきます。そのため、各設置環境ごとの特徴や注意しておきたいポイントなどをまとめてみました。
ぜひ、 設置を検討する際の参考にしてみてください。

蓄電池を導入することで利用できる補助金とは

「環境共創イニシアチブ」は、環境・エネルギー技術の促進のために、民間企業や団体によって設立された一般社団法人で、個人や法人が定置用リチウムイオン蓄電池を導入する際の補助金事業を行っています。

対象となる費用は「蓄電池システムの費用」「工事費用の一部」など。金額は法人の場合、最大で1億円、機器費用や工事費用を合わせた3分の1を補助してくれます。

申請の際の注意点としては、導入する蓄電池システムは新品であること、ソーラーシステムと一体化しているものについては、ソーラーシステムは対象外となること、グリーン投資減税と重複しての補助は受けられないなどです。 申請時期や申請方法についての詳しい情報は「環境共創イニシアチブ」までお問い合わせください。

家庭用蓄電池-定置識蓄電池

蓄電池の種類

資源エネルギー庁の調べによると、現在、エネルギー分野で利用されている蓄電池の種類は以下の4種類と なっています。

① NAS 電池
② リチウムイオン電池
③ 鉛電池
④ ニッケル水素電池
① NAS電池

日本企業が世界で初めて実用化に成功したメガワット級の蓄電池システムです。大容量、高エネルギー密度、長寿命なうえ、複数のシステムとつなぎ合わせることで、さらなる大容量を実現することができるようになります。
設置面積を少なくすることもでき、瞬時に電圧低下を察知する機能があるため、完全に設備が停止するのを回避することも可能です。

② リチウムイオン電池

小型で設置面積を小さくすることができるのが特徴です。完全に密閉された構造になっているため、電池を使用するときにガスが外に放出されるのを防ぐことができます。高いサイクル特性を持っているため、発電効率の良いエネルギーを短時間に何回も充電することが可能です。
他の蓄電池とは違い、充電するたびに蓄電池の中に残っている電力を放電する必要がないため、専用の放電器など、コストを削減することができるのも大きな特長の一つです。

③ 鉛電池

約150年前に発明された、世界で最も古い蓄電池の一つです。安価で導入することができ、使用できる温度範囲も広いことから、自動車用のバッテリーとしても使用されています。短時間で高い出力の放電が可能なのも大きな特長です。
ただし、鉛、水銀、カドミウムなど6種類の物質(SOC6物質)が規制されている環境下では、電極が劣化し、放電の出力が低下してしまいます。ただ、それでも他の蓄電池と比べて充放電エ ネルギーが低いのも特徴です。

④ ニッケル水素電池

2014年現在では、主にハイブリッド自動車に利用されている蓄電池です。今後は、電車や出力安定化用としての使用も期待されています。放電の際に、周囲の金属や物質に影響を与えないため、過放電の心配を少なくすることができ、寿命が長いことも大きなメリットです。
また充放電も速く、数百kWhの容量を充電することが可能です。しかし、いまだ開発の途中であることから、実用化まではしばらく時間がかかるでしょう。 近年では、産業用蓄電池は工場や商業ビルだけでなく、集合住宅などにも広く利用されています。 今後、余剰電力の蓄電や大容量化などのスペックの開発が進むことで、さらに産業戦略に沿った使い方の幅が広まる可能性も高まっていくことでしょう。

蓄電池の設置費用を最大5社から無料一括見積もり

トップへ