訪問販売トラブル

蓄電池の訪問販売に関するトラブルに注意が必要です。国民生活センターに寄せられた訪問販売全般に関する相談件数は、2017年度で7万件以上に及びます。

特に蓄電池は、近年の災害などで関心が高まっており、不安を煽る・ウソを織り交ぜたセールスに警戒が必要でしょう。以前に流行った太陽光発電の手口では、タイナビでの一括見積りと100万円も差がでる高額請求の事例があります。

すでに太陽光発電を設置している人も、2019年問題や電気料金の削減効果など様々な情報が交錯しており、だまされないための正しい知識が重要になってきます。

今回は、蓄電池の訪問販売で注意すべきトラブルの事例と、すでに納得できない契約をしてしまった場合の対処法を説明します。

こんな訪問販売には要注意!注意すべき事例

訪問販売は不意に訪れるセールスで、心と知識の準備ができていないまま契約してしまうケースがあります。注意すべき訪問販売の事例に近い状況では、不用意に契約しないように気を付けましょう。

強引な契約

強引に契約を迫る業者は、その場で契約させたがって何時間も居座る、キャンペーン期間など厳しい期限で契約を迫るなどの事例があります。

強引に迫るのは「高額な見積もりで契約を押し切る」という目的があるためで、消費者にとっては大きなリスクになります。

すぐに帰ってくれたとしても、何度も訪問してくる業者にも注意が必要です。消費者が契約の意思がないことを伝えた場合には、「特定商取引法」により勧誘を続ける行為が禁止されていることも知っておきましょう。

ウソの説明をする

ウソの説明で契約を迫る事例もあります。蓄電池の場合、これらの真実ではないフレーズに注意してください。

  • 太陽光の高値での買取制度が終了する
  • 「2019年問題」で売電できなくなる
  • 蓄電池で自家消費しないと損する
  • 太陽光は必ず蓄電池を付けなければならない
  • 電気料金の節約額で必ずもとが取れる
  • ほかの業者ではこれほど安い価格では買えない

これらのウソを見破るには、本当の情報と、消費者としてどうするべきかを知っておかなければなりません。

2019年問題は、住宅用太陽光発電でFIT(固定価格買取制度)を始めてから10年で、制度で定められた価格での売電はできなくなります。電力会社の卒FIT電力買取サービスを利用して、売電を継続できます。

蓄電池と太陽光発電を併用して再エネ電気の自家消費が推奨されているのは事実ですが、設置は義務ではないことも知っておきましょう。

そして、売電や電気料金の節約で蓄電池の元を「必ず」取れると軽々しく言い切るのは警戒に値します。複数の業者できちんとシミュレーションしてもらい、明らかに計算がおかしいところでの契約を避けましょう。

他の業者ではこれほど安くできないと言うなら、それこそ相見積もりで確認してみるべきなのです。

重要な情報を説明しない

重要なことを説明せず、消費者の不利益が潜む契約をさせようとする事例にも注意が必要です。「モニター価格」「キャンペーン価格」「工事代無料」といった、一見お得に見えるサービスなどで見積もりをごまかす手法もあります。

値引きのトータル金額を多く見せかけてごまかそうとする事例もあることを忘れてはいけません。実際に設置する場合には、相場よりも高くなるケースもあるため注意が必要でしょう。

先に解説したキャンペーン期限や限定サービスで契約を煽り、判断力を失わせる手口との合わせ技も問題です。一旦立ち止まって、慎重に検討しましょう。

訪問販売で提示された見積りが適正価格なのか比較するには、ほかの業者の見積もりも入手し検討するのが効果的です。

すでに契約を済ませた方の見積り依頼は、断られることもあります。訪問販売の勢いで契約してしまった場合、クーリングオフができる可能性が高いので、一旦解約して冷静になる時間を持ちましょう。

訪問販売はクーリングオフで解約できる

クーリングオフ

訪問販売の契約後でも、「クーリングオフ」が適用される期間内であれば、消費者は無条件で解約できます。クーリングオフとは、一度契約しても一定期間内なら契約の撤回や解除ができる制度のことで、その際に必要な条件などはありません。

訪問販売の場合は、申込書面や契約書面を受け取った日のうち、早い方の日から起算して8日間がクーリングオフ期間となっています。書面の内容に不備がある場合なら、所定の期間が過ぎてもクーリングオフが適用されることも覚えておきましょう。

クーリングオフを行う場合は、期間内に必ず書面で行わなければなりません。特定記録や書留など、送付したことが証明できる方法で通知することが重要です。手続きの詳細は国民生活センターの公式サイトで確認しましょう。

訪問販売による蓄電池購入のトラブルを防ぐには?

訪問販売では、納得できないまま契約すると後にトラブルになる恐れがあります。そこで、トラブルを回避するための方法をチェックしていきましょう。契約内容や業者について、確認を十分行うためのポイントを紹介します。

契約前に価格情報を確認する

トラブルを回避するには、蓄電池ごとの価格情報を確認することが大切です。訪問販売で業者が提示した価格が相場と比べてどうなのか、確認しましょう。価格が相場よりも高い場合は、契約せずに他の業者で購入することを検討するべきです。

補助金や助成金に関しては、地方自治体によって制度が異なるので、市区町村窓口で金額や申請期間などの詳細を確認するといいでしょう。なお、制度が終了している場合や、自治体が実施していない可能性もあります。最初に、住んでいる自治体の補助金に関する状況を確認することをおすすめします。

信頼できる業者から買う

蓄電池は信頼できる業者から買うことが重要です。優良業者を見極めるポイントはどこにあるのかを押さえておきましょう。

蓄電池の販売や設置で十分な実績があるかという点が大切です。目安としては、1000件以上の実績が示されているかを確認します。

業者が提示してきた価格は、蓄電池の相場と比較して適正なのかについても確認しましょう。そのためには、容量や大きさで異なる蓄電池の相場も押さえておかなければなりません。

保証の範囲や年数を明確に示しているか、工事費やメンテナンス費用など、本体価格以外にかかる費用の説明があることも大きなポイントになります。

契約を結ぶことを急かそうとしていないか、相手のペースに巻き込まれないように落ちついて対応しましょう。

蓄電池は信頼できる業者から買うもの!一括見積りで失敗を防ごう

買い物

蓄電池の訪問販売が、必ずしも悪質であるとは限りません。しかし、中には紹介したような業者も存在することを肝に銘じ、蓄電池の購入は慎重に検討したほうがいいでしょう。実績やアフターフォローなどのサービス内容から、信頼できる業者かどうかを見極める必要があります。

タイナビ蓄電池の一括見積りには、豊富な実績を持つ信頼できる販売施工店が多数登録されています。複数の見積りを取って比較検討できるので、蓄電池ごとの相場も把握できるメリットも見逃せません。蓄電池の購入を検討するときはぜひ一括見積りを利用して、後悔のない選択をしてください。