蓄電池の機種選びと容量の決め方

家庭用蓄電池の容量はどのくらい必要なのか、機種選びで迷ってしまうのではないでしょうか。各メーカーからさまざまな製品が発売されており、同じメーカーでも容量の違う複数の蓄電池が販売されていることもあります。

蓄電池の適切な容量は、蓄電池をどのように活用したいかによって変わってきます。どの家電をどれくらい使えれば十分かは、家庭によって異なるからです。

 

家電に必要な電気の量と、スペックの見方をおさらいしながら、必要な蓄電池の容量を確認しましょう。

フル充電で家電は何時間使えるのか?

フル充電の使用時間

家庭用蓄電池を導入する主要目的の1つは、「災害への備え」です。それだけに、「停電時、どの家電がどれくらい使えるのか?」というのは、蓄電池の容量を選ぶうえでの重要な判断ポイントになりえます。

ここでは、4人家族の家庭を例に、停電時、蓄電池に溜めた電力を使ってできることを解説します。

出力と容量の違い

蓄電池選びでは、「容量」や「出力」がポイントになります。蓄電池の容量、出力を考える時は、使いたい電気機器や家族構成などに合わせて決めましょう。

家電を長時間うごかせる「容量」

「容量」はバッテリーの容量、電気を貯められる量を指しており、単位は「kWh」です。

蓄電池の容量は、接続した機器の使用時間に関係しています。容量が多い蓄電池ほど、家電を長時間使えるということです。

特に、消費電力の大きい機器を長時間使いたい場合は容量が大きい蓄電池が必要になります。照明くらいしか使わないなら、容量の小さい蓄電池でも十分かもしれません。

電力を一気にたくさん使う家電をうごかす「出力」

「出力」は一度に出せる電力の量、バッテリーから取り出す時の瞬間的なパワーをいい、単位は「kW」や「W」です。

一度にどのくらいの電気を使えるかに関係しており、出力が大きいほど同時に使える機器が多くなります。貯水槽の大きさが「容量」、蛇口から出る水の量が「出力」とイメージすると分かりやすいかもしれません。

一般的な電化製品の出力

蓄電池を選ぶ際、普段使っている電化製品の出力がどのくらいなのか知っておくと、必要な容量を把握しやすくなります。

一般的な電化製品の出力(W)の目安は、次の通りです。

【キッチン家電】

冷蔵庫(40L) 190W
電子レンジ 1500W
電気ケトル 250W
IH調理器(弱) 700W

【冷暖房機器】

ホットカーペット(3畳用) 800W
エアコン(暖房) 750W
エアコン(冷房) 650W
こたつ(弱) 100W

【その他家電】

洗濯機(8kg) 600W
テレビ 150W
携帯電話の充電 15W
パソコン 100W
照明 100W

製品によって必要な電力がかなり異なることが分かります。電子レンジやエアコンなど消費電力が大きい家電を使いたい人は、ある程度の容量のある蓄電池を選ぶべきです。

なお、同じ家電でも実際の消費電力は製品ごとに異なります。正確な消費電力についてはメーカーカタログや取扱説明書で確認しましょう。

エアコンやIH調理器を使いたい人は蓄電池の容量はもとより、出力にも注意が必要です。

「何を何時間使いたいか?」から必要な蓄電容量を考える

具体的に使いたい家電およびその使用時間から、必要な容量を逆算して選ぶこともできます。たとえば、照明(100W)、冷蔵庫40L(190W)、テレビ(150W)を10時間使いたいと思った場合、必要な電力は合計440Wです。これらの機器を10時間使う時、必要な電力量は次のようになります。

440W×10時間=4400W(4.4kWh)

つまり、容量5kWhの蓄電池があれば余裕をもってまかなえる計算です。ただ、エアコンのように消費電力の多い家電を使いたい、使いたい家電の数が多い、といった人は、もっと大きな容量の蓄電池が向いているかもしれません。自分の使いたい家電の種類や数、使用時間を一度考えてみましょう。

容量6.5kWhの蓄電池でどんな家電がどのくらい使えるか?

4人家族の1日の電気使用量は、だいたい18.5kWhといわれています。

停電時にこの全ての電力をまかなう必要はありませんが、最低限の暮らしに必要な容量は確保しておきたいところです。その目安といわれているのは、6.5~7kWhです。

6.5kWhの蓄電池とは、次の電化製品(合計1220W)を、同時に5時間ほど使える計算になります。

  • エアコンの冷房(650W)
  • テレビ(150W)
  • 照明2部屋(100W×2)
  • 携帯電話充電2台(15W×2)

これくらいの容量があれば、たとえ1晩近く停電が続いたとしても、家電を使っていられるということです。猛暑でもエアコンが使えますし、冷蔵庫の中身を腐らせる心配もありません。情報収集に欠かせない携帯電話やテレビも不自由なく使えます。

停電がもっと長く続くと想定するなら、次の対策が考えられます。

  • もっと容量が大きい蓄電池を買う
  • 使う家電を減らす
  • 停電化でも充電できる手段を用意する(太陽光発電など

太陽光発電で蓄電池を充電できるタイプなら、停電が続く中でも充電が可能です。さらに、太陽光発電の自家発電で節電をすれば、いつもの電気代が少なくなります。

太陽光発電と蓄電池を一緒に使うメリットは、こちらの記事を御覧ください。

太陽光発電と蓄電池を一緒に使うメリット

IHやエアコンを使いたいときは? 100Vと200Vの使い分け

出力に関しては、100Vタイプと200Vタイプのどちらを選ぶかがポイントです。

池は100Vタイプが多いのですが、100Vの蓄電池ではエアコンやIHは使えません。IHやエアコンを使うには、200V対応の蓄電池を選びます。

真夏に停電が起きることも想定して、どちらのタイプにするかを決めましょう。

出力と容量ってどのくらい? 主要メーカーの蓄電池 一覧

まず、主要メーカー各社の家庭用蓄電池の容量や出力について、確認してみましょう。

メーカー名 パナソニック パナソニック
商品名・型番 LJ-SF50B LJP25533K/LJP255338K
設置場所 屋内専用 屋外専用
停電時に利用できる消費電力と時間 約265W程度/15時間 約265W程度/32~72時間
充放電サイクル及び寿命目安 3,000回 不明
蓄電容量 5kWh 11.2kWh
定格出力電力 不明 3.0 kW
保証 7年 15年

メーカー名 シャープ シャープ シャープ
商品名・型番 JH-WB1621 JH-WB1711 JH-WB1821/JH-WB1622
設置場所 屋内・屋外兼用 屋内専用 屋内・屋外兼用
停電時に利用できる消費電力と時間 約430W程度/10時間 不明 約430W程度/20時間
充放電サイクル及び寿命目安 12,000回 不明 12,000回
蓄電容量 4.2kWh 6.5kWh 8.4kWh
定格出力電力 2,000W 2,000W 2,000W
保証 15年 15年 15年

4kW未満の比較的容量の小さいものから、10kW以上の大容量のものまで、さまざまなタイプの製品があることが分かります。

家庭用蓄電池は大容量化・低価格化している

家庭用蓄電池

「どの電化製品を、どのくらいの時間使えるようにしたいか」を考えると、必要な蓄電池の容量が自然と分かってきます。

必要最低限の容量の製品を購入するのもよいですが、家電をたくさん使うなら、ある程度大きい容量の蓄電池を買っておくと安心です。容量にゆとりをもたせることで、もしもの時の電池切れや電力不足に備えられるからです。

最近では、容量の大きい蓄電池の価格も安くなっています。

タイナビ蓄電池の一括見積りでは、最大5社からの見積りを比べて安い業者を見つけられます。同じメーカーの蓄電池でも、業者により仕入額や工賃に差が出てきます。複数の業者を比較することでお得に購入できますよ。

ぜひ、お試しください。