北陸電力の卒FIT

住宅用太陽光発電のFIT期間は、2019年11月から順次満了を迎えます。北陸電力は、こうした「卒FIT」の電力を買い取る3つのプランを発表しました。ライフスタイルに合わせてシンプルな売電、年間定額での売電、電力会社への仮想預かりなど、自由に選択できます。

この記事では、各種プランの特徴や買取条件、年間収支のシミュレーションの結果をわかりやすく解説します。卒FITプランで売電した場合と、自家消費した場合の収支シミュレーションも比較しています。ぜひ参考にしてください。

北陸電力の卒FIT向けプランを比較

【かんたん固定単価プラン】


概要:
余剰電力量に応じて、固定単価で買取料金が決まる

買取価格8.0円/kWh


特徴的な要素:
北陸電力以外の電力会社と電気の使用契約をしている場合でも利用できる

【あんしん年間定額プラン】


概要:
太陽光発電からの余剰電力を定額で買い取るプランです 。余剰電力の量に関わらず、契約中の受給電力に応じて買取料金が決まります。

受給電力とは、電力会社の配電設備と接続し、売電する電力のこと。毎月届く検針票で契約受給電力量を確認できます。

契約受給電力2.0kW以上3.5kW未満で、
過去1年間の余剰電力量実績が600kWh/年以上
1万5000円/年
契約受給電力3.5kW以上5.0kW未満で、
過去1年間の余剰電力量実績が1000kWh/年以上
2万5000円/年
契約受給電力5kW未満で、
過去1年間の余剰電力量実績が1400kWh/年以上
3万5000円/年


特徴的な要素:
年間一括で支払われます。

【わくわく電気預かりプラン】


概要:
余剰電力を預かってもらい、ほかの時間帯に使ったことにしてもらえるプラン。電気の使用状況に合わせた買取料金となる

買取価格加入している電気料金メニューに応じた買取価格


特徴的な要素:
毎月の余剰電力量を買取単価の高い順に割り当てる仕組み

北陸電力の卒FIT向けプランの詳細・買取条件は?

北陸電力の卒FIT向けプランには、「かんたん固定単価プラン」「あんしん年間定額プラン」「わくわく電気預かりプラン」の3種類があります。プランごとに買取料金や買取条件が異なるので、事前によく確認しておきましょう。ここでは、それぞれの詳細や条件を解説します。

「かんたん固定単価プラン」の詳細・買取条件

誰でも利用できる「かんたん固定単価プラン」は、余剰電力を売電するためのシンプルでわかりやすいプランです。各家庭の太陽光発電の余剰電力量に応じて、1kWhあたり8円(税込み)での買取りとなります。

「かんたん固定単価プラン」は、富山県と石川県、一部の地域を除く福井県、岐阜県の一部地域が対象エリアとされています。北陸電力と電気契約をしていなくても利用できるプランなので、対象になる地域では誰でも契約できます。

「あんしん年間定額プラン」の詳細・買取条件

1年間の買取額が定額になる「あんしん年間定額プラン」では、契約の受給電力や余剰電力の実績をもとに買取価格が算出されます。

「あんしん年間定額プラン」の買取価格は、年間1万5000~3万5000円の3段階に設定されています。北陸電力と契約している受給電力や、過去1年間の余剰電力量実績によって買取料金が決まるのです。

契約期間は1年間。年に1回、指定口座へ一括で振込まれます。契約期間中にほかのプランへ切り替えた場合、残りの契約期間に応じた買取料金が精算されます。

年間定額での卒FIT買取条件

契約している受給電力が2.0kW以上であることが条件とされています。契約している受給電力を知りたい場合は、「受給電力量のお知らせ」(検針票)で確認するか、北陸電力の窓口に問い合わせるといいでしょう。

さらに、過去1年間の余剰電力量実績が年間600kWh以上であることも条件です。対象エリアは、富山県、石川県、一部を除く福井県、岐阜県の一部地域です。

「わくわく電気預かりプラン」の詳細・買取条件

「わくわく電気預かりプラン」は、余剰電力を北陸電力に預かってもらい、その電力をほかの時間帯に使ったとみなすサービスです。

電力を預けたあと、電気料金の割引という形で還元されます。実際の電力が返ってくることはありませんので、夜間や停電のときに預けた電力は使えません。

まったく新しい仕組みのプランでわかりづらいのですが、もう少し解説していきましょう。シンプルな売電をお望みでしたら、収支シミュレーションまで飛ばしてください。

もっと解説! 電気預かりプランの収入イメージ

「わくわく電気預かりプラン」の買取価格は、契約中の電気料金プランと、電気の使用状況によって変わります。

たとえば、北陸電力の電気料金プラン「エルフナイト10プラス」に契約した上で、卒FIT向けの「わくわく電気預かりプラン」を使うとしましょう。


エルフナイト10プラスの電気料金は、電気を使う時間帯で4つの区分に分かれる

のが特徴です。電気預かりプランの売電単価も、それぞれの区分に対して設定されます。

エルフナイト10プラス(平日)の区分昼間(夏季 7月〜9月)昼間(その他季)朝夕時間夜間時間
電気お預かりサービスの単価16.013.54.01.0

このケースにおいて、わくわく電気預かりプランの卒FITの買取単価は、以下の流れで決められます。

  1. 区分ごとの消費電力量をカウントする/買取価格が決まる
  2. 余剰電力量の合計がカウントされる
  3. 電気料金プランの単価が高い区分から順に余剰電力を割り当てる
  4. 割当てられた区分の単価で売電収入が計算される

①区分ごとの消費電力量がカウントされる/買取価格が決まる

家庭の電気使用量が全部で900kWhあり、日中は100kWh、朝夕時間に100kWh、夜間に500kWhだったとします。余剰電力が出たときは、それぞれの区分の消費量を上限に余剰電力を割当てていきます。

②余剰電力量の合計がカウントされる

余剰電力が200kWhとします。

③電気料金の単価が高い区分から順に余剰電力を割り当てる

今回の余剰電力量は200kWhです。単価が最も高い昼間時間に100kWh、次に高い朝夕時間に100kWhの余剰電力が分配されることになります。

④割当てられた区分の単価で売電収入が計算される

分配された余剰電力の買取単価は、電気料金プランの区分ごとに設定されます。今回の100kWhは、夏季昼間の料金単価である16円/kWh、残りの100kWhは朝夕時間の4円/kWhが適用されます。

この月の買取料金は、合計で2000円という計算になるのです。

「わくわく電気預かりプラン」加入対象の電気料金プラン

従量電灯ネクスト(契約電流5Aを除く)、節電とくとく電灯、くつろぎナイト12、しているエルフナイト8(新規加入終了)、エルフナイト10(新規加入終了)、エルフナイト10プラス(新規加入終了)のいずれか

北陸電力へ売電する場合の年間収支シミュレーション

北陸電力の卒FITプランを利用した場合、年間の収支はどれくらいになるのかをシミュレーションしましたので参考にしてください。

また、北陸電力の電気料金を基準にして自家消費した場合なら、年間でいくら節約できるのかについても算出します。年間の収支と、どちらがお得になるのかを比較してみましょう

「かんたん固定単価プラン」で売電する場合

「かんたん固定単価プラン」を利用して余剰電力を売電する場合、年間収支のシミュレーション結果

  • 条件:太陽光発電の容量4.5kW、余剰電力3150kWh/年、買取価格8.0円/kWh
  • 年間収支の目安:1年間で2万5200円、1ヶ月で2100円
  • ※実際の発電量は異なる可能性があります。

余剰電力をすべて自家消費した場合では、年間収支のシミュレーション結果

北陸電力の従量電灯ネクストで試算すると、自家消費での実質節約額は1ヶ月で約5200円、年間で約6万2900円になります。「かんたん固定単価プラン」で売電した場合と、すべて自家消費した場合、差額は年間で約3万7700円、1ヶ月にすると約3100円となりました。

このシミュレーション結果からは、売電するよりも自家発電のほうがお得になることがわかります。

「あんしん年間定額プラン」で売電する場合

「あんしん年間定額プラン」で余剰電力を売電する場合、年間収支のシミュレーション結果

  • 条件:太陽光発電の容量4.5kW、余剰電力3150kWh/年
  • ※実際の発電量は異なる可能性があります。

  • 年間収支の目安:1年間で35000万円、1ヶ月で約2917円
  • ※このプランでは、契約している受給電力と過去1年間の余剰電力量実績により定額で買取料金が決まるため、受給電力5.0kW以上、過去1年間の余剰電力量実績1400kWh以上として計算しています。

太陽光発電の余剰電力を、すべて自家消費した場合の年間収支のシミュレーション結果

北陸電力の従量電灯ネクストで試算すると、自家消費での実質節約額は1ヶ月で約5200円、年間で約6万2900円になります。「あんしん年間定額プラン」を利用して売電した場合と、すべて自家消費した場合、差額は年間で約2万7900円、1ヶ月では約2300円になります。

年間収支のシミュレーションの結果では、プランを利用して
売電するよりも自家消費のほうがお得
であることがわかりました。

「わくわく電気預かりプラン」で売電する場合

契約中の電気料金プランと、電気の使用状況により異なります。ご家庭の電気の使用状況と合わせてご確認ください。

年間の売電収入と自家消費でどちらがお得?

北陸電力で余剰電力を売却した場合と自家消費した場合の収支について、比較しやすいように表にまとめました。

プラン年間売電収入自家消費相当額差額
かんたん固定単価プラン25200円約62879円約37679円
あんしん年間定額プラン35000円約62879円約27883円

北陸電力へ売電した場合と、太陽光発電の余剰電力の全量を自家発電に回した場合を比較した場合、どのプランを利用しても自家消費のほうがお得になることがわかります。

年間収支を比べると自家消費のほうがお得

お得

北陸電力では、電気料金メニューや電気の契約状況などに応じた卒FITプランが選べます。3つのプランの詳細や条件を確認した上で、どのプランに加入するべきかを、しっかり検討する必要があるでしょう。

一方で、太陽光発電の余剰電力を売電した場合と、全量を自家消費した場合と比較すると、どのプランについても自家消費の節約額のほうが大きいことがわかりました。

卒FIT後は蓄電池を設置して、余剰電力をすべて自家消費に回すことも検討したいものです。蓄電池を購入する際には、補助金や一括見積りを活用して初期費用を抑えることをおすすめします。