蓄電池は得か損か

蓄電池は、電気代の節約や電力の自家消費のために役立つといわれています。ただし、詳しいところは分からないので、「本当に得なのか」と疑問に思っている人もいることでしょう。

たしかに、蓄電池そのものは決して安くはありません。導入する際にはまとまった費用がかかり、電気代の節約だけでかかった費用を回収するのは非常に難しいことでしょう。

一方で、蓄電池には金銭的な損得だけではなく「蓄電池が使える」ことそのものにも価値があるのです。

この記事では、蓄電池を導入した場合の金銭的な損得と、蓄電池を所持する価値について説明するので、導入を検討するときの参考にしてください。

蓄電池は経済面で得なのか?

ここでは、経済的な面から蓄電池について解説していきます。蓄電池の一般的な価格、節約効果や費用回収について確認し、蓄電池は経済面で得なのかどうかを検証してみましょう。

蓄電池の価格

家庭用蓄電池を導入するときにかかる費用の目安は、本体に工事用を含めて100~150万円程度といわれています。蓄電池の価格は年々下がってきているので、実のところ今後はさらに安くなっていく見通しです。蓄電池の価格が下がっていく理由とは何でしょうか。

蓄電池の普及と共に値下がりが実現

家庭用蓄電池には、一般的に「リチウムイオン蓄電池」が使われています。リチウムイオン蓄電池の1kWhあたりの価格は、2008年~2018年でおよそ半額程度にまで下がってきました。これは、蓄電池が十分に普及してきたことや、技術革新を続けている企業努力によるものです。

過去には蓄電容量が12kWhで370万円の機種もありましたが、今や同じ容量の機種が115.3万円で手に入ります。必要十分な大きさの蓄電池の値段は、あなたの想像よりも安く値下がりしている可能性は十分と言えるでしょう。

電気代の節約による費用回収とさまざまなメリットで「得」!

電気代の節約で費用回収ができるなど、さまざまなメリットがある蓄電池はお得なのです。蓄電池を導入するにはある程度の費用がかかりますが、電気代が節約できることで費用を回収できます。

節約するには主に2つの方法があります。

  • 日中よりも安い夜間の電力を蓄電池に貯めて使う
  • 太陽光発電と併用し、自家発電した電力を蓄電池に貯めて好きな時間に使用する

節約以外にも蓄電池には後述するメリットがあるので、総合的に判断すればお得といえるでしょう。電気代の節約による費用回収についてもここでシミュレーションしていきます。

節約額で回収できる費用をシミュレーション

電気代節約シミュレーション

ここでは、蓄電池で毎日の電気料金を節約すると、節約額でどのくらいの費用を回収できるかを説明していきます。夜間電力を利用する方法と自家消費の2つの節約方法についてシミュレーションしました。

夜間電力での節約の場合

蓄電池を使って夜間電力を利用した場合の節電シミュレーションの結果は以下のようになります。ここでは、東京電力の電気料金をもとに試算を行いました。

【条件】

東京電力の電気料金で試算
電気使用量:406kWh/月(4人世帯)※総務省統計局の家計調査より

プラン名スタンダードプラン夜トク8
電気量料金(1kWh)30.57円21.16円
※午後11時〜翌午前7時

東京電力の場合、夜間料金はスタンダードプランよりも10円程度安くなっています。このシミュレーション結果では、蓄電池を活用して、1日に使う電気量のすべてを夜間電力でまかなえば、年間4万5千円ほどの節約になることが分かりました。

蓄電池の寿命を15年とした場合、節電で回収できる金額は約68万円になります。蓄電池の導入費用を100万円とすれば、7割弱回収できる計算です。

自家消費での節約の場合

ここでは、蓄電池を活用し自家消費したときの、節電による節約額について解説していきます。

太陽光発電をすでに設置している家庭が、屋根で発電した電気を蓄電池に貯めて使うと、電気代がどのくらいお得になるかをシミュレーションしたものです。(「夜間電力での節約」と同条件)

【条件】

東京電力の電気料金で試算
電気使用量:406kWh/月(4人世帯)※総務省統計局の家計調査より

プラン名スタンダードプラン(自家発電)
電気量料金(1kWh)30.57円0円

1カ月当たりの使用量約406kWhをすべて自家発電した電力でまかないます。蓄電池も活用して昼間発電した電力で生活すれば、年間約14万8千円の節約になることが分かりました。

蓄電池の寿命を15年とした場合、自家発電で回収できる金額は約222万円です。蓄電池の導入費用を100万円とすれば、この試算では7年半程度で費用回収が可能になります。

太陽光発電の売電価格が電気料金よりも安くなっているため、これは設置にかかった費用を回収し終わった家庭に適した使い方といえるでしょう。

節約だけではない!蓄電池のメリット

蓄電池で節約できる費用を中心に見てきましたが、ここでは節約以外の蓄電池のメリットについて説明していきます。停電時にも安心できるといったメリットや、蓄電池のメリットを最大限に活用するための選び方も参考にしてください。

停電対策としてのメリット

災害用蓄電池

蓄電池のメリットのひとつは、災害時など停電した場合の備えになることです。近年、台風や豪雨などによる停電の被害が相次いで起きたことは記憶に新しいでしょう。たとえ急な停電が起こったとしても、蓄電池に電気を蓄えておけば、家庭でいつもの家電を使うことができます。

長期停電には太陽光発電を併用したい理由

蓄電池にたくさん電気を貯めておいても、停電が1週間にも及べば途中で充電をしたくなります。

太陽光発電と併用すれば、自家発電した電力を繰り返し貯めて使うことができるので、たとえ停電が長期間続いても電気の心配はほぼありません。

長期停電で問題になりやすい冷蔵庫も、冷凍・冷蔵で保存していた食料を腐らせないで確保しておけます。電気を使う給湯器なら、お湯を沸かして体を清潔に保てるでしょう。

「据え置き型蓄電池」がおすすめ

蓄電池のメリットをより大きくするなら、「据え置き型蓄電池」がおすすめです。ポータブル蓄電池は安いのですが、いざというときに小型家電しか使えません。据え置き型蓄電池は大型家電でも長時間使うことができ、万一の災害時への役立ち度が高くなります。

たとえば、6.5kWhの据え置き型蓄電池なら、合計1220Wの電化製品を同時に5時間ほど使えます。実際に使える電化製品の例を挙げますので参考にしてください。

【合計で1220Wになる電化製品の例】

  • エアコンの冷房(650W)
  • テレビ(150W)
  • 照明2部屋(100W×2)
  • 携帯電話充電2台(15W×2)

据え置き型蓄電池の購入代金はポータブル蓄電池より高いのですが、普段の蓄電量も多いので電気料金を大きく節約でき、初期費用は節約した分で回収できます。

蓄電池は節約+停電対策の価値ある買い物

家庭用蓄電池は、夜間料金プランの利用や自家消費で節電することで、初期費用を回収することができます。災害対策といった節約以外のメリットも得られるので、総合的に見て導入する価値があるといえます。

さらに導入費用を抑える方法を使えば、より納得できる買い物となるでしょう。それには、補助金を活用したり、複数の専門業者の金額を比較して費用を抑えたりすることです。

タイナビ蓄電池の無料一括見積りなら、最大5社まで無料で一括見積りできます。メリットの多い蓄電池を安く導入するために、ぜひ利用してみましょう。