夜間電力で電気代節約

夜間電力は電気代が安いので、蓄電池に貯めておけば効率よく電気代を削減できます。蓄電池を上手に使って電気代を節約することは、家計に優しい方法と言えるでしょう。

今回は、蓄電池で電気代を安くできる理由や夜間電力の仕組みについて紹介します。また、深夜電力と蓄電池を組み合わせると、どれくらい電気代を節約できるのかについても解説するので参考にしてください。

深夜電力とは?蓄電池で電気代を安くできる理由

深夜電力の料金は、昼間よりも3~6割程度安く設定されています。そのため、深夜電力を効率的に使うことで電気代を節約できることは間違いありません。ここでは、電気料金の仕組みや深夜電力を効率的に使う方法を紹介していきます。

なぜ深夜電力は安い?電気料金の仕組み

そもそも、なぜ深夜電力は安いのでしょうか。それは人の活動する時間と電力会社の出力調整にあります。

一日の電力使用量は、多くの人が活動する昼間に大きく増えますが、夜間には少なくなります。電力会社は電力使用量に応じて出力を調整していますが、細かく調整することはできません。

電力が多く使用される昼間の電力使用量に合わせて電気を供給しなければならないので、消費量が少ない夜間には電力が余ってしまうことになります。電力会社では電気の使用量が昼間に集中しないよう、余裕のある夜間に使ってもらうための対策として、深夜の電気を安く設定した料金メニューを用意しているのです。

料金設定などのメニュー内容は電力会社ごとに異なるので、各家庭の使い方に合ったサービスを選ぶようにしましょう。

電気代の安い深夜電力を効率的に使うには?

電気代の安い深夜電力を効率的に使い、電気代を安く抑えることができるおすすめの方法を紹介します。

たとえば、東京電力の場合、夜11時から朝7時までの電力が安くなる「夜トク8」や、夜9時から朝9時までの電気代をお得になる「夜トク12」が選べます。このような料金プランを家庭ごとのライフスタイルに合わせて選べば、電気代を安く抑えられるでしょう。

夜間の電気料金が安くなる料金プランの場合、昼間の電気料金は通常の料金プランに比べて割高になることに注意しなければなりません。そのため、電気料金の高い昼間は太陽光発電の電力を使い、電力会社から供給される電力はできるだけ夜間のみに使うとお得です。

また、深夜電力を蓄電池に貯めておいて、貯めた電力を昼間に使う方法もあります。これなら、夜間電力を効率的に利用できるため、電気代を安く抑えられるでしょう。

深夜電力と蓄電池で電気代がどのくらい節約できる?

電気代節約

蓄電池に深夜電力を貯めることで、電気代がどのくらい節約できるのでしょうか。それには、時間帯による電気料金の比較を行い、具体的に安くなる金額を算出してみると分かりやすくなります。平均的な4人家族のケースで計算してみましょう。

深夜と昼間の電気料金を比較してみよう

次に、電力会社ごとの深夜と昼間の電気料金の例をいくつか挙げますので、メニューの料金設定の違いを比較してみましょう。なお、各メニューとも、昼間は午前7時から午後11時までとされています。

東京電力「夜トク8」は、昼間32.14円/kWh、夜間20.78円/kWhで、料金差額は11.36円/kWhです。また、東北電力「よりそう+ナイト8」は、昼間21.69~34.19円/kWh、夜間10.92円/kWhで、料金差額は10.77~23.27円/kWhです。北陸電力「エルフナイト8」の場合は、昼間21.46~28.72円/kWh、夜間8.99円/kWhで、料金差額は12.47~19.73円/kWhになります。

各電力会社ともに料金区分による幅はありますが、昼間と夜間の電力料金には大きな料金差を設定しています。深夜の電気代がお得になるプランを選べば、1kWhあたり10円以上安くなるでしょう。

蓄電池を導入するとどのくらいお得になる?

次に、蓄電池を導入したときに電気代がどれくらいお得になるのか、具体的なケースを挙げて解説していきます。

平均的な4人家族の1日あたりの電力使用量を20kWh、昼間15kWh、夜間5kWhとした場合で考えてみましょう。蓄電池の容量は5kWhとします。

東京電力の、従量電灯B と蓄電池を使用した「夜トク8」料金プランではどうでしょうか。

蓄電池を使用しない場合の1日あたりの電気料金は、従量電灯Bで 約600円 です。また、電気代が安い夜間に充電した蓄電池の電力を、昼間に使用した場合の1日あたりの電気料金は約530円になります。

1日あたり70円の差が出るので、蓄電池の寿命を10年とすれば、年間約2.5万円、10年間で約25.5万円分の電気代節約が可能です。

太陽光発電と蓄電池の組み合わせでさらにお得!

蓄電池と夜間電力を組み合わせると、電力を安く利用できることが分かりました。さらに、太陽光発電と蓄電池、深夜電力を活用すれば、電気代がもっとお得になるので紹介しましょう。それぞれの特徴を押さえて活用することが大切です。

天候や時間帯で電力を使い分ける

天候や時間帯で電力を使い分けることで、電気代を削減することが可能になります。太陽光発電からの発電量が多い日には、太陽光発電からの電力を昼間使えば、電力会社から高い昼間の電気を買う必要はありません。

さらに、余った太陽光発電からの電力を蓄電池に貯めておけば、夜間や悪天候の日に使うことができます。5kWの太陽光発電を設置した場合、発電量が多い日なら最大20kWhの電力を作ることが見込めるでしょう。余った分を蓄電し利用すれば電気代ゼロも実現可能になります。

一方で、太陽光発電からの発電量が少ない日には、夜間に安い電気を買って蓄電した電力を昼間に使うのがポイントです。たとえば、深夜電力を15kW使用し太陽光発電を5kW発電したときはどうでしょうか。仮に夜間料金が20円/kWであれば、1日15kWの使用量で300円程度の電気代で済むでしょう。

また、夜間電力と蓄電池を使い、すべて夜間電力で賄った場合、夜間電力が20円/kW、使用電力1日20kWとすると、1日の電気代は400円になります。

さらに太陽光発電を夜間電力と蓄電池に加えると、発電量が多い日なら電気代はほぼかかりません。「夜間電力+蓄電池」と「夜間電力+蓄電池+太陽光」では、使用電力が1日20kWだった場合、電気代に1年で最大14万6000円、10年で最大146万円の差額が出ることになります。

陽光発電を組み合わせることは、長期的に見ると大きな節約につながる方法と言えます。

太陽光発電の売電量を増やす

太陽光発電には、売電量を増やせば収入が増えるというメリットがあります。

さらに、電気代の安い深夜電力を蓄電池で充電し日中に使う方法なら、太陽光で発電した分をより多く売電に回すこともできます。たとえば、5kWの蓄電池を設置して昼間の電力をすべて夜間電力でまかなえた場合には、5kW分多く売電できます。蓄電池を使い、売電量を増やすための賢い方法と言えるでしょう。

太陽光発電と蓄電池を併用して売電する「ダブル売電」は、従来では売電価格が数円安く設定されていました。しかし、2019年度からはダブル発電とそうでない場合に売電価格の差がなくなり、ダブル発電かどうかは問題視されなくなりました。売電価格が年々下がる傾向にある中で、太陽光発電と蓄電池の併用は売電収入を増やす方法としておすすめです。

蓄電池の導入はどんな人におすすめ?

おすすめ

太陽光発電をすでに設置している人は、太陽光発電と蓄電池を併用して電気代をさらに安く抑えることができます。家庭ごとの電気の使い方によって蓄電池の容量やタイプを選び、より安くなるように検討しましょう。

また、パワコンと一体型の蓄電池は省スペースなので、これから太陽光発電を設置する人やパワコンの買い換えを検討している人におすすめです。買い換えによって変換効率の高い最新機種になれば、売電量も増えるため一石二鳥といえます。

節約の面以外でも、病気療養中の家族がいる場合や乳幼児がいる家庭では、停電に備えて蓄電池を導入しておくと安心でしょう。夜間の電力が安くなる料金プランに加入しているなら、安い時間帯の電力を有効活用するためにも蓄電池の導入がおすすめです。

一括見積りで蓄電池導入にかかる初期費用を安く!

蓄電池を導入すれば、太陽光発電との併用により夜間電力を効率的に使うことができます。蓄電池は、貴重なエネルギーである電気を活用し、無駄なく使うために大切な機器です。

ただし、電気代節約のために導入するなら、初期費用をできるだけ安くする方法を選ぶ努力は欠かせません。節約のために、無理をして蓄電池を購入するのでは本末転倒になってしまいます。

そこで、おすすめの方法はタイナビ蓄電池の一括見積りです。一括見積りを利用すれば比較検討が簡単で、高額になりやすい初期費用を安く抑えることができるでしょう。