オムロンの蓄電池 価格と性能

オムロンは医療機器製造で培った技術を活かし、高性能の機器を開発しているメーカーです。環境に配慮した事業に意欲的で、太陽光発電と蓄電システムの連携で省エネを目指してきました。

オムロンの家庭用蓄電池の製造、販売でも注目されていますので、特徴やメリットなどを紹介していきます。シリーズごとの特徴や製品ごとのスペック、安く導入する方法も知っておきましょう。家庭用蓄電池を選ぶときに、ぜひ参考にしてください。

オムロンは意外と身近なメーカー

1933年に創業されたオムロンは、主に制御機器や電子部品を開発しているメーカーです。身近なところでは家庭用医療機器を扱い、環境に配慮した経営を行うためのトータルサポートなどの環境関連事業も行ってきました。

太陽光発電用パワーコンディショナーの主力メーカーのひとつで、蓄電システムの開発、販売も行っています。

オムロンの家庭用蓄電システムの特徴

オムロンは、3種類のシリーズに分けて家庭用蓄電システムを展開してきました。「KP55Sシリーズ」「KP48S2シリーズ」「KPACシリーズ」、それぞれの蓄電システムの機能にはどのような特徴や強みがあるのかを解説します。

コンパクトで大容量「KP55Sシリーズ」

「KP55Sシリーズ」は、太陽光発電用ハイブリッド蓄電システムで、太陽光発電システムと蓄電システムのパワーコンディショナーが一体になったタイプです。太陽光発電で得られた大容量の電力を無駄なく活用できる容量へとパワーアップしました。

注目の機能は、売電している時は蓄電池が放電しない、という「ダブル発電(押上げ運転)を防ぐ機能」です。ダブル発電とみなされた場合には売電価格が下がってしまうのですが、このシリーズでは影響がありません。

また、大容量にも関わらずコンパクトな設計でスペースを取らないところも、家庭用蓄電池としておすすめできる点です。

売電・蓄電・自家消費に最適化「KP48S2シリーズ」

「KP48S2シリーズ」は太陽光発電用ハイブリッド蓄電システムで、「売電優先」「蓄電優先」「自家消費優先」の3つの運転モードから自在に選べるのが大きな特徴です。

売電優先にすれば、使いきれずに余った余剰電力を売電し、安い夜間電力を蓄電して電気代の節約が可能です。非常時に備えて蓄電を優先するモードと、蓄電池に充電して自家消費を優先するモードもあります。売電収入を重視する時代から自家消費を重視する時代に移っても、ずっと使い続けられます。

ダブル発電を防ぐ機能も搭載。屋内に設置してもコンパクトで、場所を取らないのも強みです。

省スペースで太陽光に追加OK「KPACシリーズ」

「KPACシリーズ」は、産業用と家庭用の共用ハイブリッド蓄電システムです。すでに設置されている太陽光発電にも後から設置でき、余剰電力を貯めて活用できます。小型サイズで省スペースなので、置く場所にも困らないでしょう。ダブル発電を防ぐ機能もあるため、売電収入を守ることができます。

また、太陽光発電に蓄電池を後付けする場合は、パワーコンディショナーをハイブリッドタイプにする必要があります。しかし、本機はすでに設置された太陽光発電システムに後からでも連携できるため、機材の買い替えコストが少なくてすむのもメリットです。

オムロンの家庭用蓄電の価格とスペック

オムロンの家庭用蓄電池を、製品ごとの価格とスペックで表にまとめてみました。それぞれの容量を比較して、ニーズに合わせて選択しましょう。

製品 価格 蓄電容量 保証期間
KP-BU65-A オープン価格 6.5kWh(実効容量:5.9kWh) 10年
KP-S-B64 オープン価格 6.4kWh(実効容量:5.8kWh) 10年
KP-BU98-B オープン価格 9.8kWh(実効容量:8.8kWh) 10年

3機種ともに後付けができる太陽光発電用ハイブリッド蓄電システムで、KP-BU98-Bは塩害にも対応しています。ただし、海から500メートル以内の重塩害地域が対象で、海水が直接かかるような場所には設置できません。

いずれの機種も短時間充電や急速放電が可能なタイプで、9.8kWhタイプは高圧電力を契約している施設にも使用できます。

蓄電池の設置コスト削減! 無料一括見積りはこちら

オムロンの蓄電池を選ぶメリットとデメリット

独自の技術で開発されたオムロンの蓄電池は、高性能で定評があります。コンパクトで、スタンドと壁掛けのどちらの方法でも設置できるので、家庭用として導入しやすいことがメリットです。一方で、価格相場がわからないというデメリットもあります。

メリットは省スペース・大容量で高い性能をもつこと

オムロンの蓄電池は奥行き、体積ともに世界最小クラス。サイズによる設置場所の制限が比較的少ないのが特徴です。電池の使用時間も長く、6.5kWhの蓄電池ユニットで約19時間、9.8kWhで約29時間(※)と、停電が長びいても安心の容量をもちます。

※ 冷蔵庫や照明など合計300Wをフル充電で使った場合。実際の使用時間は各家電の消費電力量で異なります。

落下試験・耐水試験・耐火試験・衝撃試験などのテストにパスしていることも、安全上の大きなメリットと言えるでしょう。重塩害に対応した製品も開発されているので、海の近くにも設置できるメリットもあります。

太陽光発電システムとの連携もできるので、蓄電池の後付けもスムーズです。

デメリットは設置価格

多くのメリットがあるオムロンの家庭用蓄電池ですが、デメリットといえばオープン価格で販売されているため相場が分からないことが挙げられます。

蓄電池の設置費用とは、本体価格に工事費用が加わります。蓄電池は業者によって、本体費用と設置工事の費用に差が出ることを知っておかなければなりません。

つまり、蓄電池を設置するときには、工事費込みの見積もりをいくつか集めて、適正価格のものを選び出す必要があるのです。

オムロン製の蓄電池を安く設置する方法

オムロンは、コンパクトで設置しやすく高性能・高機能というメリットの多い蓄電ユニットを製造し販売していることが分かりました。安全に配慮した設計や、10年という長い保証期間があることからも、安心して家庭に蓄電池を導入できるのではないでしょうか。

オムロンの蓄電池を適正価格で設置するためには、一括見積りサイトを利用しましょう。複数の業者からの見積もりを比べるのがポイントです。

蓄電池の設置コスト削減! 無料一括見積りはこちら

屋根やカーポートへの太陽光発電の一括見積もりはこちらをご利用ください。どちらも見積もりは無料で5社まで一度に依頼できます。