定置式蓄電池

定置式蓄電池とは?

家庭用蓄電池は、定置式と移動式の2種類に分けることができます。ここでは「定置式蓄電池」に絞って解説を進めたいと思います。

定置式蓄電池とは、住宅や商業施設、病院、工場などの建物に設置されるもので、「電気代の削減」や「停電時などのバックアップ電源としての利用」が主な目的と考えられています。設置するためには、ある程度の スペースが必要になります。

どのような種類があるの?

定置式蓄電池には主に以下の 5 つのタイプがあります。

① リチウムイオン電池
② 長寿命型制御弁式据置鉛蓄電池(MSE)
③ ニッケル水素電池
④ ナトリウム硫黄電池(NAS)
⑤ レドックスフロー電池

それぞれの電池について、ここで簡単に説明します。

① リチウムイオン電池

補助金の対象になっている蓄電池です。私たちの身のまわりでもとてもよく使われていて、たとえば、携帯電話やスマートフォン、パソコンの電池はリチウムイオン電池です。急速充電が可能という長所がありますが、そのぶんコストが高いです。

② 長寿命型制御弁式据置鉛蓄電池(MSE)

100年以上前から利用されているのが鉛蓄電池です。安価な反面、接地面積が広く、重量がかさむといった課題があります。現在は、リチウムイオン電池などに主役の座を奪われつつあるため、今後の改善や進歩などは見込みにくいと考えられています。

③ ニッケル水素電池

もともと電気自動車のためにつくられた電池です。現在は、ほかの用途などでも幅広く使われています。

④ ナトリウム硫黄電池(NAS)

材料となる資源が比較的豊富にあるため、量産が可能で、コスト低減も見込める電池です。

⑤ レドックスフロー電池

住友電工が新たに開発中のもので、まだ完成しておらず、現在も評価検証が続いている段階の電池です。

以上、定置式蓄電池にどのようなものがあるか、おわかりいただけたでしょうか?
続いて、移動式蓄電池もぜひご覧ください。

家庭用蓄電池-低知識蓄電池

蓄電池の設置費用を最大5社から無料一括見積もり

トップへ