蓄電池と太陽光発電の連系

蓄電池の選び方 蓄電池の種類と特徴 蓄電池とその用途
蓄電池の寿命 蓄電池の導入コスト 蓄電池と太陽光発電の連携

太陽光発電と蓄電システム

太陽から降り注ぐ光をエネルギーに変換することができる太陽光発電は、環境面やコストなどの問題を解決できるものとして注目を集めているシステムです。
また、日中は太陽光エネルギーから作り出される電力を蓄電池に貯め込み、夜間にその電気を使用するピークシフトといった方法で、日常の電気代を節約することもできます。

蓄電池と太陽光発電の連携

その仕組み自体は難しいことはありません。取り付けなどについては、専門の資格を有している業者がやってくれますし、併せてメンテナンスを行っているところも多いので、問い合わせてみるとよいでしょう。
設置する太陽光発電や蓄電池の種類などによって多少変わってきますが、必要となる機器は、太陽光を取り込むソーラーパネル、そのパネルと蓄電池の中間に配線して、充電する電圧の制御や過充電の防止、電流の逆流防止などの役割をしてくれるチャージコントローラー、 蓄電池から取り出された直流の電流を交流に変換するDC-ACコンバーター、そして電流を貯蔵する蓄電池です。

太陽光発電と蓄電池を併用するメリット

自然のエネルギーを電力に変換する太陽光発電システムと蓄電池を併用することで、どのようなメリットがあるのでしょうか ?

【メリット 1】発電した電力を貯めることができる
通常、太陽光発電システムで作られた電力は、できた時点で使用しなければなりません。しかし、当然天気が悪い時には十分な電力を確保できませんし、昼間に必ず家にいるとも限りません。
そこで、発電した電力を蓄電池に貯めておくことで、好きな時にその電気を使用することができるのです。また、電力を貯めておくことで地震などの災害やトラブルで停電してしまった場合に「非常用電源」としてその電力を使用することもできます。
【メリット 2】電気料金を節約できる

蓄電池と太陽光発電の連携

導入の一番のメリットは、蓄電された電気には電力会社に通常支払っている電気料金の負担がないことです。
そればかりか、蓄電池に貯まっている電気を電気会社に売電することにより、収入にすることもできます。
太陽光発電システムで昼間に貯めた電気エネルギーを売電すれば、光熱費を抑えながら収入を得ることもできるのです。

【メリット 3】ピークカットができる
蓄電池と太陽光発電の連携

ピークカットとは、1 日の中で電気を最も消費する、昼から夕方にかけての時間帯に、電力会社から購入する電気量を控えることです。
太陽光発電システムと蓄電池があれば、電力消費が集中する時間帯に、充電しておいた電力を使用することで、このピークカットに貢献することができます。

補助金

「メリットは分かったけど、導入するのにかかる資金が......」といった問題にぶつかる方も多いのではないでしょうか?実は、太陽光発電と蓄電池を導入する際には、国や自治体から補助金が支給されることもあります。
この補助金制度をしっかりと把握して、懐にやさしいシステムの導入を検討してみてください。

太陽光発電システムに関する補助金
【住宅用太陽光発電導入支援補助金】

対象 設置される住宅において、発電した電気を消費して、性能・品質・価格の要件を満たしている。
最大出力の合計 太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値、またパワーコンディショナーの定格出力の合計値のいずれかが10kWh未満であること。
補助対象となるシステムの
価格
1kWhあたりの補助対象経費が50万円 ( 税抜き ) 以下。
補助額 以下の計算方法によって出た額が補助額になる。
補助対象経費(税別)÷太陽電池の公称最大出力

※これらは平成25年度のデータです。最新の情報は各自治体にお問い合わせください。

蓄電システムに関する補助金
【定置用リチウムイオン蓄電池導入支援事業費補助金】
対象者 一般社団法人環境共創イニシアチブが認定したリチウムイオン蓄電システムを使用している個人・ 法人であること
補助上限額 個人・法人は1住宅あたり100万円、法人は1事業所あたり1億円

※これらは平成25年度のデータです。最新の情報は一般社団法人環境共創イニシアチブにお問い合わせください。

蓄電池ー補助金情報

これからの太陽光発電システム

東日本大震災が発生して、安定した電力供給に対して不安の声があがっています。そんな中、クリーンエネ ルギーである太陽光発電は、今後どのような変化をしていくのでしょうか ?
まず、性能に関しては今より格段に上がっていくと予測されています。2014年現在のソーラーパネルを使用したエネルギー変換効率は10〜19%ですが、2025年には25%、2050年になると40%になる見込みです。
また、太陽光発電システム自体が安価に購入でき、すべての一般家庭に設置される状況になるともいわれているのです。それに伴い、太陽光発電を普及させるために行っている補助金制度がなくなっていくと考えられています。
現実に、多くの家庭や企業での設置が進んでおり、今後はより一般的なものとなっていくでしょう。

蓄電池の設置費用を最大5社から無料一括見積もり

トップへ