小規模店舗

小規模店舗への蓄電池システムの導入

店内の照明、食品の冷蔵・加熱・加工、防犯設備など、小規模店舗では、安定した電力の供給はなくてはならないものです。最近では、災害などによる停電の実害を避けるために、蓄電池システムを導入している店舗が増えてきました。
店舗での蓄電池システムの導入は、災害などによるトラブル回避のためだけでなく、営業時間内に使用する電気料金を削減することも可能です。

もちろん、緊急時のトラブルに対応するための手段としても、十分にその役割を果たすことができます。災害時には、金銭を入れているレジスターや商品管理などの電力供給を継続的に行うことで、被害を最小限に留めることができます。

タイナビ蓄電池ー産業用蓄電池

大手電機メーカーでは、急速充電することができて、長寿命な、店舗向け蓄電池(ポータブル電源)の販売を2011年から開始しました。安全性の高いリチウムイオン電池を採用しています。メーカーでは東日本大震災以降、こうした安全性、緊急性に重点をおいた蓄電池の販売が積極的に行われており、さまざまな商品開発も着々と進められています。

より効果的に電力を使用するためには、太陽光発電と併用すると環境に配慮するだけでなく、業務時の電気料金を削減することもできます。また、そのことをアピールすることで、店舗の姿勢や価値の向上を望めるでしょう。
国の方でも、店舗への補助金事業を行うなど、蓄電池システムの導入を推進しています。
詳しくは「一般社団法人 環境共創イニシアチブ」にお問い合わせください。

導入事例:コンビニエンスストアの場合

京都府にある大手コンビニエンスストアの店舗では、太陽光発電と蓄電池システムを併せて導入しています。
昼間の電力消費を削減するため、そして、停電などの非常時に備えての電力の確保がその理由でした。
昼間は、太陽光発電を利用して蓄電池システムに充電、照明などを使用する夜間に、充電した電力を利用することで、 大幅な光熱費のカットに成功しています。

蓄電池の設置費用を最大5社から無料一括見積もり

トップへ